家電において、手軽に3Dを楽しむことができるデジタルカメラがあります。道具など必要ありません。

一番身近な家電 デジタルカメラについて

家電で手軽に3Dを楽しめるデジタルカメラ

設計図などを作成するときに、立体的に書くことがあります。そのときは、斜めの線などを利用することになります。遠近感を利用して、少しずつ斜めにすることによって遠くにあるように見せるのです。立体の四角形などを書くことが出来ます。そのほか、立体アートと呼ばれるものがあります。これは一目見ただけでは何が描かれているかわかりません。両目をより目にするなどするとある物体が浮いて見えるのです。見えるときは感動するものです。

平面から立体を楽しむ方法とすれば、実際に作成するのが主な方法でした。写真に関しては、現実的なものが撮れますがどうしても平面的になってしまいます。もし立体的に撮影することが出来れば、思わず手を伸ばしてつかみたくなるような風景や物が撮影できるかもしれません。そのような家電があればよいと思っていたのですが、デジタルカメラに登場したようです。シャッターを押すだけで、誰でも簡単に立体の写真の撮影ができるようになっています。

平面の物を立体にするとき、右目と左目の関係があるため、より目にしたり、特殊なメガネをかける必要がありました。こちらの機械で撮影したものにおいては、得に道具は必要ありませんし、より目にする必要もありません。誰もが普通に見て立体に見えるようになっています。さらにより立体に見えるように、2枚の写真を組みあせる方法もあります。少し角度を変えて撮影した写真を、カメラの中で合成して、立体になるように見せるものです。

Copyright 2019 一番身近な家電 デジタルカメラについて All Rights Reserved.